脱毛テープは痛くない?

脱毛テープとは、とても粘着質のあるテープを脱毛したい箇所に貼り、ムダ毛と一緒に一気に剥がして脱毛するという物です。この時のテープの剥がし方は、脱毛したい箇所の毛の流れと逆方向に、毛の流れに逆らって剥がすという方法になりますので、個人差はあると思いますが、やはり痛みは伴います。

個人差というのは、痛みに強い、弱いという事もありますが、毛の量や、毛の太さでも差は出てきます。一般的に毛の量が多く、毛が太い人の方が強い痛みを感じると言えます。でも、一度に広範囲のムダ毛の処理が出来ることや、脱毛にかかる費用の面から考えると、とても魅力的な脱毛方法ともいえます。

最近では、脱毛テープに付属でオイルシートなどがついていたりと、痛みの軽減と肌への負担にも考慮された商品が多くなっていますので、かなり前に脱毛テープを試して痛みに耐えられなかったという人ももう一度試してみてもいいかもしれません。

デメリットとしては、痛みの他に、毛が埋没してしまったり、肌の弱い人は赤くなったりと肌にダメージを与える事もありますが、広範囲の脱毛が簡単に出来る点や、低コストな点、次の毛が生えてくるまでの期間が長いなどのメリットもあるので、使用を考えている人は一度使ってみると良いでしょう。

しかし、全身脱毛を考えるときにはテープは脱毛ではなく除毛なので注意しましょう。全身脱毛立川が安いエステサロンはいっぱいあるので脱毛を考えているときにはそのようなサロンを使うのも一つの方法です。今では月額1万以下で全身脱毛ができるエステサロンが多いので人気の立川でもそのようなサロンはいっぱいあります。

太い毛と細い毛はどちらが脱毛しやすいの?

顔や肌色、体質が人それぞれ異なるように、ムダ毛の質も千差万別。人によって毛が太く固かったり、あるいは薄く細かったり、いろいろなのです。そのため、脱毛サロンやエステサロンでは、事前にしっかりその人の毛質や体質を聞き取って、一番効果的かつ安全に行える施術を考えていきます。

レーザーの照射出力を調整したり、一回に施術する箇所を少なくあるいは多くしたり、アフターケアに特に力を入れるようにするなど、その人にあった脱毛加減にすることで、より美しい仕上がりを実現してくれるのです。

低料金で脱毛をするためには?

全身のあらゆるムダ毛には毛周期というものがあり、細胞が壊死した毛は自然と抜けおち、また新たな毛が生えてくるサイクルを繰り返しています。なので、自宅で行なう自己処理は一時的な対処にしかなりません。

カミソリで毛を剃っても、皮膚下の細胞で成長する毛が生えてきます。毛抜きで抜いたとしても、同様です。さらにこういった自己処理を繰り返すことで、想像以上に皮膚は大きなダメージを受けています。傷ついた肌細胞から細菌が入り込んでしまい、感染症を引き起こしかねません。

無理な力を加えて毛を引っこ抜くようなことを繰り返していれば、埋没毛になってしまう場合もあります。かといって、エステやサロンで本格的な脱毛を行おうと思っても、高額な費用が心配になってしまう方もいるでしょう。満足のいく脱毛効果を得るたに何回通えばいいかわからず、伴う費用も膨らむばかりではないのか。いいえ、そんなことはありません。低料金でエステやサロンの採用する本格的な光脱毛を利用することが出来るのです。

今や数多くのエステやサロンが登場する脱毛業界は競争が激しく、新たな顧客を獲得するために全身脱毛が京都でおすすめのサロンでは色々な初回サービスや初回特典を設けています。初回利用に限り、期限回数が無制限のワキ脱毛を数百円で提供していたり、初回月に限り気になる部位のムダ毛を格安で脱毛できるようにしたりと、その内容は企業によって異なります。けれども共通しているのは、初回利用であること。

このサービスを利用して色々なエステやサロンで脱毛を行えば、低料金で光脱毛を試すことが出来るでしょう。効果とプランの価格に満足し、エステやサロンの雰囲気もよければ、契約をしてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す